有驚無險的一場比賽
雖然被本 四壞都破功了 但還是一場好球

IP 打 安 振 失 責 本 BB
08 29 04 04 01 01 01 01

先発・姜が8回を4安打1失点と好投、連夜の1点差ゲームを制した。チームは3連勝で、姜も無傷の3勝目。

 2回、李がチーム初ヒット、小久保が四球で出塁、阿部の送りバントで一死二、三塁とした。二岡がピッチャーゴロに倒れた後、清水は敬遠され満塁となり、続く姜がファウルで粘ってヤクルト先発・川島に10球を投じさせたが、先制はできなかった。

 3、4回も先頭打者がヒットを放ったが、いずれも併殺でチャンスをつぶした。

 姜は3回までパーフェクトに抑える上々の立ち上がり。5回、先頭の宮出にヒットを許すと、バントでこの日初めて得点圏に走者を進められたが、米野のレフトに抜けそうな当たりを小久保が好捕。続く城石はプロ初四球となる敬遠で一、二塁としたが、川島をファーストゴロに打ち取って切り抜けた。しかし6回、青木に左中間スタンド最前列に飛び込むソロホームランを浴び、先制を許した。

 その裏、阿部がヤクルト2番手・花田からライトにソロホームランを放ち、すぐに同点とした。

 8回、李が内野安打で出塁。代走の古城が盗塁し、二塁への送球がこぼれる間に三塁へ進んだ。阿部は敬遠されて一死一、三塁となったところで、二岡がスクイズを決め、勝ち越し点をもぎ取った。

 最後は3連投となる高橋尚が、ヤクルトの中軸を三者凡退に仕留めた。

================================
正妹球迷寫錯字XD



chcheng69 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()