鄧麗君

知らず知らず 步いて來た
細く長い この道
振り返れば 遙が遠く
故鄉が見える
でこばこ道や
曲がりくねった道
地圖さえない
それもまた人生
ああ 川の流れのように
ゆるやかに
いくつも 時代は過ぎて
ああ 川の流れのように
とめどなく
空が黃昏に 染まるだけ

生きることは 旅するこた
終わりのない この道
愛する人 そばに連れて
夢探しながら
雨に降られて
ぬかるんだ道でも
いつかは また
晴れる日が來るから
ああ 川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい
ああ 川の流れのように
移りゆく
季節 雪どけを待ちながら

ああ 川の流れのように
おだやかに
この身をまかせていたい
ああ 川の流れのように
いつまでも
青いせせらぎを 聞きながら

=======================================
不知道是什麼時候 你走近來
長長的這條小路 遙遙無際
卻可以看見故鄉
凹凸不平的這條路 彎彎曲曲的這條路
在地圖上找不到 就像是人生
啊~川流不息
慢慢的流淌 就這樣流過了飛逝的時光
啊~川流不息
不會停下腳步 只有天空讓黃昏的夕陽染色而已

生存著這件事 就像是在旅行
在這條沒有盡頭的路上
把自己所愛的人帶在身旁 一起去尋找夢想
就算這條路被雨水給淋的泥濘不堪
總有一天 晴天會再來到
啊~川流不息
靜靜的流淌 多麼想依偎在他的身旁
啊~川流不息
季節更迭 等待雪溶化的那一天

啊~川流不息
靜靜的流淌 多麼想依偎在他的身旁
啊~川流不息
不管什麼時候 都能傾聽藍色小溪流過的聲音

chcheng69 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()